うつ病は心のエネルギーが不足するのが原因で発症する病気

病気の種類

メンズ

うつ病の基礎知識として覚えておきたいことが、病気の種類です。いくつか種類があるので覚えておくと病気の早期発見に役立ちます。まず、季節性うつですが、この種類は季節によって病気を発症する種類です。特に冬季うつが有名で、冬場に発症します。気温が下がり始め、日照時間も短くなってくると症状が現れるのです。10月から12月頃にかけて発症することが多いと言われています。冬季うつは暖かくなってくると症状が回復するのが特徴です。これが原因で、病気だと気付かない方も多いでしょう。基本的に3月頃から気温が上昇し、日照時間も長くなってくる頃に症状が回復してきます。冬季うつの発症は、日照時間が短くなりバイオリズムが狂ってしまうことが原因と考えられているのです。体内分泌物の量も変化すると言われており、バイオリズムと体内分泌物が変化することが冬季うつの原因として注目されています。冬季うつには他のうつ病とは違う特徴があり、睡眠や食欲の変化が違うのです。通常、睡眠障害のせいで睡眠不足に陥ります。入眠に時間がかかり、目が覚めやすくなるのです。食欲も失せ、食事を取らなくなってきます。ですが、冬季うつの場合は、過眠傾向が見られます。1日に10時間以上の睡眠を取ることも珍しくありません。ですが、10時間以上睡眠を取った場合でも眠気が取れないのです。食欲も増加し、特に甘いものを過剰に摂取しようとします。胃の許容量を超えても甘いものを摂取しようとしてしまうでしょう。冬季うつの治療方法としては光照射療法が有名で、決まった時間に強い光を照射することでバイオリズムを整え、症状を和らげていきます。強い光が脳に働きかけることで、生活リズムを整えることができるのです。また、うつ病の種類として知っておきたいのが、仮面うつでしょう。仮面うつは心の症状よりも、身体の症状が先に現れます。めまいや頭痛、口内の渇きや吐き気、胃や胸の不快感や手足の痺れなどです。ですが、このような症状は他の病気の症状と似ています。身体の症状が先に現れることが原因で別の病気と間違えてしまうことが多いのです。別の病気と間違えてしまうと、仮面うつと発覚するのが遅れてしまいます。発覚が遅れてしまうことが原因で、仮面うつと分かった時には病気が進行していることが多いのです。原因が分からない身体的な症状に苦しんでいる時は、心の症状についても観察しておくと仮面うつを早期発見することができるでしょう。このようにうつ病にはいくつか種類があるので、しっかりと覚えておくことが大切です。