うつ病は心のエネルギーが不足するのが原因で発症する病気

女性の患者

女医

最近では女性の社会進出は一般的になってきています。以前まで女性は家庭で家事や子育てをし、家庭を守るのが仕事という風潮もありましたが時代の変化と共に変わってきているのです。女性が社会進出するにつれて、女性の間で増えてきている病気がうつ病でしょう。原因としては社会進出に伴い、ストレスを感じる機会が増えてきていることが挙げられます。この病気の大きな原因はストレスと言われており、ストレスを感じることが増えると病気のリスクも高まってしまうのです。そのような理由から女性のうつ病が増えてきていると考えられます。一般的に女性はこのような病気を発症しやすいと言われているのです。理由として考えられるのは脳の作りの違いです。女性の脳は割り込み型といわれ、同時にいくつかの事を考えることができます。家事や仕事をしながら別の事を考えることができるのです。男性の場合は一つの事に集中するのは得意ですが、同時に別々のことを考えるのが苦手とされています。女性の場合は、一度に色々な事を考えることができるため仕事や家事などに付いて考えすぎてストレスを感じることが多いのです。ネガティブなことを同時にいくつも考えてしまう事が続くとストレスも溜まりやすくなってしまうでしょう。また、女性ホルモンは男性ホルモンとくらべて繊細なのも、女性がうつ病になりやすい原因の一つと言われています。女性はホルモンの入れ替わりが激しく、ストレスを生じさせてしまうのです。女性はセトロニンの分泌量が男性よりも少なく、ストレスに対する抵抗力が弱いとされています。また、月経前はセトロニンが減少し、余計にストレスを感じやすくなるでしょう。そして、女性の場合は役割りが多いのもストレスを溜めてしまう原因になります。現在では女性の社会進出が増えてきているため、女性が働くことに対して理解も深まってきていると言えるでしょう。しかし、未だに家事は女性の仕事という考え方を持つ方は少なくありません。社会進出し、仕事をしながら家事をこなしている女性は多いのです。ストレスを感じる機会も多く、うつ病のリスクが高まってしまうでしょう。できるだけ、女性の負担を減らしてあげることが大切なのです。また、仕事でも男性に負けないように頑張りすぎてしまう女性は少なくありません。自分の限界以上に頑張ってしまうとストレスは溜まりやすくなってしまうのです。女性の場合はこのような事に気をつけることで、うつ病のリスクを軽減させることができるでしょう。社会や男性の方が協力することで、より病気のリスクを減らすことができます。