うつ病は心のエネルギーが不足するのが原因で発症する病気

新型の特徴

近年、新型のうつ病が問題になっています。非定型と症状が似ており、どのタイプにあたるのか判断が難しいとされているのです。原因もはっきりとしておらず、対策として自分を知ることが大切になるでしょう。

RECOMMEND

  • うつアカデミー

    多くの人が悩まされているうつ病の原因を突き止めてみませんか?知っておくと、未然に防ぐことが出来るかもしれませんよ。

気質と性格

うつ病になりやすい気質や性格の方がいると言われています。気質や性格が病気の原因となるデータなどはありませんが、病気になりやすい傾向があるとされているのです。気質や性格を知ることで対策がとれるでしょう。

病気について

男性

うつ病とは心を健康に保つためのエネルギーが不足する病気です。心を健康に保つために必要なエネルギーが不足する原因はストレスと言われています。ストレスが原因で心が疲弊することによって、エネルギーが不足し病気を発症してしまうのです。また、心の病気と言われることが多いですが、人間の感情や心理をコントロールしているのは脳と言われています。脳に何らかの異常が発生して心の健康が保てなくなると考えると、精神病に対しての理解もしやすいと言えるでしょう。基本的に脳に異常があることが原因で心や身体に症状が現れると思っておくことが大切です。基本的に、心と身体はリンクしているので、心の健康が損なわれてしまうと、身体の方にも悪い影響が出ます。憂鬱な気分が続くことで、食欲や睡眠欲なども減退してしまうのです。そうすると倦怠感や疲労感が抜けず、頭痛や肩こりなどの身体的な症状が現れてしまいます。うつ病になると突然気分が沈み、悲しくなるでしょう。興味や関心なども失せます。食欲不振や過食の傾向が見られるようになるでしょう。睡眠障害も発症し、落ち着きもなくなってしまうのです。更に疲労が溜まりやすく、怠さも抜けなくなります。自責の念に駆られることが多くなってしまうでしょう。集中力も欠如し、物事を判断することが難しくなってしまいます。自殺について考えたり、自殺を実行しようとするでしょう。このような症状の内、5つ以上の症状が毎日の行動ほぼ全てに伴う状態が2週間以上続いた場合はうつ病と診断されるのです。これは立派な病気なので、早期発見してすぐに治療することが大切になってきます。心のエネルギーが不足していると聞くと「甘えているだけ」などと言われることがありますが、これは病気としてきちんと認識されていないことが原因になっているのです。例えば、機械であっても燃料や電気がなければ動かすことができません。その為、エネルギーが不足している状態で無理をして頑張ってしまうと、余計に症状が悪化してしまうのです。機械も燃料や電気などのエネルギーが不足しているのに無理に動かしてしまうと壊れてしまいます。心にもこれと同じようなことが言えるのです。エネルギーが不足している状態では抑うつ症状を改善することができません。一過性の抑うつ症状であれば、気分転換や時間の経過によって症状は改善します。この病気になると心のエネルギーが不足していることが原因で、中々抑うつ症状を改善することができないのです。抑うつ症状は嫌なことや悲しいことがあった場合、気分が沈み込み落ち込んでしまう症状の事を言います。このような症状は誰でも経験することでしょう。風邪やインフルエンザを患った場合も一過性の抑うつ症状がでることがあります。この場合も風邪やインフルエンザが治ると、抑うつ症状も改善するのです。ですが、うつ病の場合は簡単に抑うつ症状を改善することができません。立派な病気という認識が必要なのです。

女性の患者

女性が社会進出する機会が増えている事も影響し、女性の間でうつ病を患う方も増えてきています。一般的に女性の方が男性よりもこの病気になりやすいと言われていますが、原因はストレスの感じやすさにあるでしょう。

病気の種類

うつ病にはいくつか種類があるので、基礎知識として覚えておくと良いでしょう。季節によって発症するものや、身体の症状が先に現れる種類があります。これが原因で病気の発覚が遅れてしまうのです。